世界一孤独なクジラ

 写真撮影したり映像制作したりしているスタジオ部の森田です。  
 ウッズホール海洋研究所が、最初にその鳴き声を観測したのは1989年のことだそうです。  
 それはクジラの鳴き声でした。しかしその「周波数」が異常で、数字にすると52ヘルツ。このクジラと最も似た回遊パターンをもつ「シロナガスクジラ」は、普通10-39ヘルツ。「ナガスクジラ」20ヘルツで鳴くようです。  

おそらく世界で最も高音で鳴くクジラです。  
加えて、この周波数で鳴く世界で唯一のクジラです。 %e7%94%bb%e5%83%8f01  
 1980年代から色んな場所で観測、というか検出されており、今に至るもちゃんと生きてます。つまり、この鳴き声が生存の妨げにはなっていないようです。20年以上も生きてますから多分、健康なんでしょう。  しかしこのクジラの「呼びかけ」に反応する仲間はいません。周波数が違いすぎるので仲間から応答を得られないそうです。独特の声は世界唯一このクジラだけです。  

 なので「世界で最も孤独なクジラ」と言われているそうです。
 その周波数にちなんだ「52」という名前を付け、見つけ出そうというプロジェクトもあり、ドキュメンタリー映像として発表している人もいます。
 なにやら悲壮感漂うような気もしますが、誰にもジャマされずに悠々と大海原を闊歩するのもよろしいでしょう。
 ちなみに52ヘルツというのは、金管楽器の「チューバ」の最低音より、ちょい高いくらいらしい。

おすすめ記事

  1. E-AN Designスタッフ交流食事会イベント第2回(写真大量…
  2. 12月度毛利賞発表(こっそり十日戎の写真も…)
  3. 制作部主任SAORIの『料理と怖いモノ』の時間
  4. 2017年5月度毛利賞発表
  5. 春です【担当:制作部なとちん】
  6. ○○の秋【担当:制作部なとちん】
  7. 2017年6月度毛利賞発表
  8. 制作部主任SAORIの『今年と来年』の時間

関連記事

  1. 【賞金】1月度達成賞&ご飯会
  2. 制作部主任SAORIの『今年と来年』の時間
  3. 制作部主任SAORIの『気分の上げ方』の時間
  4. E-AN Designスタッフ交流食事会イベント第6回(写真多)…
  5. 制作部主任SAORIの「ハジメマシテの時間」
  6. 制作部会議でのプレゼンを行いました!
  7. 制作部デザインミッションの公表会を行いました!
  8. 65537角形
PAGE TOP
Top