65537角形

写真撮影したり映像制作したりしているスタジオ部の森田です。

すっごくどうでもいいことなのですが、正三角形とか正四角形とか、正五角形とか正六角形とかありますね。正多角形というヤツです。
で、正65537角形もあるわけですね。65537本の辺と、65537個の頂点があればいいんですよ。
これ、定規とコンパスで作図が可能らしいですよ。

画像01

ほとんど「円」にしか見えないのですが、確かに作図できると証明されています。
65537は、知られている最大のフェルマー素数だそうで。ガウスさんが証明してくれたそうです。私もまるでわかっていないのですけれど。

しかし実際に描こうとすると、とんでもなく大変な作業らしいです。
200メートル四方のグラウンドに、できるだけ大きく描いても、一辺の長さは1センチメートル弱です。
ちなみに内角の和は11796300°で、対角線の本数は2147450879本です。65000円あったら、けっこう遊べます。
どうでもよすぎる話でした。

おすすめ記事

  1. 制作部主任SAORIの『気分の上げ方』の時間
  2. 写真展『To the New World -18歳の可能性-』開…
  3. 【賞金】1月度達成賞&ご飯会
  4. 雨ふりと結婚について考えてみた【担当:制作部なとちん】
  5. 制作部主任SAORIの『夏→秋』の時間
  6. 打倒、5月病。【担当:制作部なとちん】
  7. 目を肥やそう会@怖い絵展
  8. 【HAPPY HALLOWEEN!!】制作部、仮装するの巻

関連記事

  1. E-AN Designスタッフ交流食事会イベント第1回を行いまし…
  2. 新年の挨拶
  3. 今年の抱負【担当:制作部めぐみ】
  4. LYDIA商品券販売開始
  5. 【19歳の方へ】成人式をオーダースーツで最高の思い出に
  6. 2017年6月度毛利賞発表
  7. 神田明神について
  8. E-AN Designスタッフ交流食事会イベント第6回(写真多)…
PAGE TOP
Top